医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛を利用する際には、必ず医療脱毛のメリット、デメリットの両方を理解して施術を受けることが大切です。 医療脱毛の最大のメリットとして挙げられるのが、レーザーの出力が高いことから強力な脱毛効果を得ることができる点です。 本格的に永久脱毛をしたいと考えるのであれば医療脱毛を選択するのがおすすめです。 また医療機関で施術を受けるので、皮膚の状態などを判断してもらうことができ、トラブルやアフターケアなどの不安も解消することができます。

医療レーザーを使用することで個人差はありますが、一回で高い効果を得ることができるので脱毛完了までの回数が少なく、時間を短縮して脱毛を行うことができます。またこの他には、広範囲を一度に脱毛することができる、黒ずみの解消など美肌効果も期待することができる、衛生管理などが良いなどのメリットが挙げられます。 デメリットとして一番に挙げられるのは費用の問題です。一回の施術にかかる費用が高額になることから脱毛サロンなどを選択する人も多いです。

ただし、一回の施術でしっかりと効果を得ることができるので脱毛サロンに通う回数と医療機関に通う回数を考えるとトータルではあまり変わらないという場合もあります。またこの他には、レーザーが黒い色素に集中することから白髪や薄い毛は脱毛することができない、日焼けをしていると施術が出来ない場合がある、シミやアザ、ほくろなどがあると火傷の危険性がある、施術中に痛みを感じることがあるなどがあります。